ガス安全利用ガイド

ガスが使えないとき

転入先でガスが使用できない場合

  • ■転入時の手続きは完了していますか?
  • もし完了していない場合はこちらをご確認ください。

使用可能の状態でガスが使えない場合

  • ●ガス元栓は開いていますか?
  • 元栓が閉栓されている場合は開栓をし、ガスが点火するかどうかご確認ください。
  • ●他のガス器具は使えますか?
  • 他のガス器具が使用出来ない場合は、ガスメーターでガスを止めている場合があります。
  • ●ガスメーターで、ガスを止めている場合があります
  • ご自宅のガスメーターをご確認ください。赤ランプ点滅時はガス使用停止状態となっております。
    復帰につきましてはこちらまでご連絡ください。

ガス漏れの可能性があるとき

ガス臭いと感じた・警報機が鳴った場合

  • 室内にガスの臭いがするときは、ガス漏れが発生している可能性があります。
    事故・災害防止の為、以下の実施をお願いします。
  • ●火気厳禁
  • 絶対に火気を近づけないでください。タバコもすぐに消してください。
    ※引火する恐れがあるので、換気扇、電灯等のスイッチに絶対手を触れないでください。
  • ●窓を開ける
  • 窓や戸を開け、換気を行なってください。
  • ●ガス栓の閉栓

  • ガス栓及びメーターガス栓を閉栓します。
  • ●当社へ連絡
  • お客さまのお名前・ご住所・現在の状況を当社までご連絡ください。

非常時のとき

地震が起きた場合

  • ●揺れを感じた際は
  • 机やテーブルの下など、安全な場所にふせて身の安全を確保しましょう。
    使用中のガス機器を止めようとすると、火傷等の危険があります。
    震度5相当以上の地震の場合は、ガスメーターが自動的にガスを遮断しますので、慌てずに落ち着いて行動しましょう。
  • ●揺れがおさまった時は
  • 使用していたガス機器の火を消し、機器の器具栓を閉め、ガス栓も閉栓してください。
  • ●ガスの臭いを感じた時は
  • 室内でガス臭いと感じた時は窓を開け換気を行い、ガス栓を閉め当社までご連絡下さい。
    ※引火のおそれがありますので、点火や換気扇、電灯等のスイッチには絶対に触らないで下さい。
  • ●再度ガスを使用する場合は
  • ガス臭くない状態を確認し、ガス栓・器具栓を開けてください。
    (ガス栓・器具栓を開けてもガスが使用出来ない時は、ガスメーターを確認して下さい。赤ランプが点滅していれば復帰操作を行なって下さい。)

快適なガスライフを送るために

ガス機器使用の際は、換気をしましょう

  • ガスが燃えるには新鮮な空気が必要です。
    ガス機器が劣化していたり、換気(給気と排気)が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、有毒な一酸化炭素(CO)が発生し中毒となる恐れがあります。
  • ●お部屋では
  • ファンヒーターをご使用の場合は1時間に1~2回程度、換気を行い新鮮な空気に入れ替えましょう。
  • ●キッチンでは
  • コンロ・小型湯沸器をご使用の場合は、必ず換気扇を回すか窓を開けて換気しましょう。
    小型湯沸器は安全装置が付いている物でも必ず換気をしましょう。
    コンロ・小型湯沸器がご使用中に止まった際は点検修理をお申し込みください。
  • ●ガスのご使用で起きる事故は、一酸化炭素中毒事故の割合が最も高い
  • 一酸化炭素(CO)は無色・無臭なので気が付きにくいものですが、毒性が高く、s少量でも吸い込んでしまうと危険です。
    軽度だと頭痛・吐き気・手足がしびれ等がおき、動けなくなることがあります。
    重症になってしまうと、脳細胞の破壊・意識不明等がおき、最悪の場合死亡にいたることもあります。

換気筒(煙突)は、時々点検しましょう

  • 排気筒(煙突)が詰まっていると、不完全燃焼を起こし一酸化炭素(CO)中毒の原因となる場合があり大変危険です。
    以下のような状態になっていないか、点検を行ってください。
  • ●屋外
  • ・排気筒内に鳥が巣を作っていないか?
    ・震災や非常時以降、排気筒(煙突)の外れや損壊はないか?
    ・給気口が塞がっていないか?
  • ●屋内
  • ・排気筒(煙突)の詰まり・外れ・穴あきなどは無いか?
  • ●屋外・屋内共通
  • 隠ぺいされている場所に設置されている排気筒も点検してください。
    隠ぺいされている場所に設置されている排気筒の腐食による穴あきや外れにより、排気ガスが室内に入り、一酸化炭(CO)中毒を起こす危険があります。

危険な使い方はやめましょう

  • ●ガステーブルコンロ
  • 揚げものやグリル等でコンロを使用している時は、その場から離れないようにしましょう。来客や電話などでその場から離れる時には、必ず火を止めてください。揚げ物に関してはセンサーがついている側で行うようにしましょう。

  • ●小型湯沸器
  • 小型湯沸器での浴槽や洗濯機への給湯、シャワー、洗髪等の長時間連続使用は不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となり大変危険ですので絶対におやめください。
  • ●ガスストーブ・ファンヒーター
  • ガスストーブやガスファンヒーターの付近には、スプレー缶や衣類などの燃えやすい物は置かないでください。火災の原因となってしまいます。
    また、小さなお子さまがいるご家庭では低温やけどなどに注意しましょう。
  • ●衣類乾燥機
  • ご使用前に衣類をお確かめください。
    オイル・食用油・ガソリン等の油分が付着した衣類は、洗濯後でも油が完全に落ちていない場合があります。油の酸化発熱により自然発火する恐れがありますので、ポリプロピレン繊維製の衣類や油分が付着した衣類は洗濯後でも絶対に乾燥機で乾燥させないでください。

ガス機器は、ガスの種類と合うものを使用しましょう

  • ●お届けしているガスの種類は〇〇です
  • お客さまへお届けしているガスには、有毒な物質てある一酸化炭素(CO)が含まれておりませんが、取扱いを間違えると一酸化炭素(CO)中毒や爆発などの危険性がありますのでご注意ください。
  • ●ガス機器はガスの種類と合うもの!
  • ガス機器とガスの種類が合っていないと、不完全燃焼を起こし、有毒な一酸化炭素(CO)が発生して、中毒などの原因となりますので大変危険です。
  • ガス機器には、適合するガスの種類を示すラベルが貼られていますので、新しくガス機器をお買い求めになる時、今まで使用されていなかった物を再使用する時には必ずラベルをご確認ください。

安全に使うために正しい接続をしましょう

  • ●正しい接続をしないとガス漏れや火災などの原因になります。

  • ガス機器を接続する際は、ガス機器及び接続具の取扱説明書をよく読んでいただきその内容を理解し、接続口の形状やサイズが合ったものをご使用ください。